わが家では、玄関マット、キッチンマット、トイレマットを使っていません。

お手入れがめんどくさいからです。

マットがあると、掃除機をかけるときにどかさないといけないし、こまめに洗わないと汚い。

衣類とは別に洗いたいから洗濯の回数が増えるし、そもそも洗濯機で洗っちゃいけないマットもある。

ということでわが家ではマット無し生活をすることにしました。

▨ キッチンマットもトイレマットもないとスッキリ


キッチンマット無し

キッチンマットがないとこんなにスッキリ!

汚れたらさっと拭けばいいので、マットがあったときよりキレイを保てることができています。

トイレマット無し

トイレの蓋カバーも便座カバーも無しです。

冬の間は寒さ対策のために、ペタッと貼るタイプの便座カバーを使っています。

マットを敷くのがあたりまえだと思い込んでいたのですが、無くしてみたらとってもラクです。

家事の負担が一気に減りました。

ただシンプルすぎる空間になってしまうのがデメリットかも。

▨ マット無しのメリット


マットのお手入れをしなくていい

掃除をするときにどかす手間がなくなる

見た目がスッキリする

マットに足を引っ掛けてつまずかない

掃除がしやすくなるので、キレイを保ちやすい

掃除機やハンドワイパーをかけるときにいちいちどかすのがめんどくさいので、「今日はいいや…」と掃除をしないことが多かったです(汗)

マットを使わなくなってからは逆に掃除をこまめにできるようになりました。

▨ マット無しのデメリット


水はね・油はねで床が汚れやすい

物を落としときに傷がつきやすい

足元が冷える

シンプルすぎる空間になることも

このデメリット4つともキッチンのことですね。

▶︎ 汚れやすい → ハンドワイパーで拭く

▶︎ 傷がつきやすい → 持ち家なので、傷がついてもあまり気にしないことにした

▶︎ 足元が冷える → スリッパを履くから大丈夫

▶︎ シンプルすぎる → 観葉植物を飾る

こんな感じで対応しているので、わが家にとってはそこまで大きなデメリットではないかなと思っています。

▨ バスマットは使っています


バスマットもなくしてみたのですが、どうしても不便だったのでバスマットだけは復活。

布製のバスマットと違って毎日洗わなくてもいい、お手入れがラクな珪藻土バスマットを使っています。

今使っているバスマットは大きいので、広々と使えて気に入っています。

前に使っていたバスマットは小さめだったので、新居への引っ越しを機に買い換えました。

▨「めんどくさい」が時短につながる


マットに関する手間はちょっとのことですが、「ちりもつもれば山となる」です。

ほんのちょっとの「めんどくさい」が積み重なると大きなストレスになります。

わたしは、めんどくさいなぁと思ったことはまず「これって本当にやらないといけないかな?」と考えてみるようにしています。

見方を変えたりやり方を工夫してみると、やることが減ったり短時間で終わらせることができるんです。

そうやって手間を省くことで、ストレスもたまらず、家事の時短ができ、自分の時間も増える。

一石三鳥ですね♪

どんどん手を抜いていきましょう。

自分の時間ができたら何をしたいですか?

昼寝、ドライブ、カフェに行ってのんびり過ごす、ゲームする