自分の商品やサービスについて知ってもらうためにワードプレスでブログを始めてみたけれど、なかなか書けないときってありませんか?

わたしはあります。

文章を書くことが苦手な人は、特にそうなりやすいのではないでしょうか?

そんなときは日記ブログでもいいと思っています。

今日は

⧉ 日記ブログのいいところ

日記ブログをちょっぴり役に立つ記事にするコツ

をお伝えしますね。

▨ ブログ初心者は日記でもいいからとにかく書こう


もちろん、役に立つ記事を書くに越したことはありません。

でもわたしはそれで「ちゃんと役に立つ記事を書かなくちゃ・・・」と思ってますます書けなくなるよりは、日記でもいいから書いた方がいいと思っています。

その方がブログを書くという習慣を早く身につけることができるからです。

特にブログ初心者だったり文章を書くのが苦手な人は、いろいろ考えるよりもまずなんでもいいから文章を、文字を書きましょう。

▨ 日記ブログのいいところは、人柄が伝わりやすいところ


人柄が伝わるというのが1番のポイントです。

役に立つ記事というのは、真面目な雰囲気の文章になりがちです。

でも日記だとあなたの趣味や考えていること、あなた自身の雰囲気が伝わりやすいですよね。

そのほうが「あなたにお願いしたい」というお客さまとご縁がつながりやすくなります。

「誰でもいいから、◯◯というサービスを受けたい」というお客さまを相手に仕事をしたいですか?


あなたにお願いしたい!


あなたのサービスを受けたい!

もし、こう言ってくれるお客さまにサービスを提供したいと思うのであれば、真面目な記事だけでなく人柄が出る記事もあった方がいいと思っています。

▨ 日記ブログに情報を付け足すことでちょっと役に立つ記事に


今日はネイルサロンに行ってきました。

5年ぶりにネイルをきれいにしてもらって、とても嬉しい!

また来月に予約を入れたので楽しみです♪

このような文章量だとSNSに投稿する感じの内容ですよね。

なのでもう少しだけ情報を付け足すといいです。

▶︎ 仕上がったネイルの写真を撮って記事に貼る

▶︎ なぜこのデザインにしてもらったか理由を書く

▶︎ ネイリストさんから教えてもらったケアの仕方を書く

このような情報を入れると、日記なんだけどちょっぴり人の役に立つ記事になります。

もう少しだけ詳しくサロンの情報を入れると、そのネイルサロンのレビュー記事の出来上がり♪

▨ どうしても書けないときは日記のまま公開する


「今日はどうしても書けない・・・」という場合は、日記のまま投稿しちゃって大丈夫。

またあとで文章を追加することもできるのがブログのいいところです。

「このままじゃ公開できないなぁ」と下書きに入れると、ますます書けなくなっていきます。

「これじゃダメだ」

「もうちょっといい文章を・・・」

「もうちょっと情報を増やして・・・」

「文字数が足りないなぁ・・・」

と少しずつ自分の中でハードルを上げていってしまうからです。

だからブログを書いて公開するということに慣れるためにも、下書きには入れないでポチッと公開ボタンを押しちゃいましょう。

▨ まとめ


たまには日記を書いて息抜きしたらいいし、そういう記事の方が人柄も伝わりやすかったりします。

ブログはコツコツ続けていくことが大事なので、「役に立つ記事を書かなくちゃ!」と思って書けなくなったときは、ぜひ日記を書いてみてくださいね。

(書き始めると意外にスラスラ書けちゃったりすることも・・・!)

それでは今日はこの辺で⤴︎
お読みいただきありがとうございました☺︎